著者近影             ウマカイダ(馬飼新太郎原理主義者)として、イベント会場にその姿を現す大佐(数秒後、ロシア軍により射殺)。


by angelmoe
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

第七十六話「DODヤバイ」

ドラッグオンドラグーン2(以下ドラグソ2)をコンプリートクリア。

カイムとアンヘルの最後、ノウェとドラゴンの最後の一騎打ち、中島美嘉の歌うテーマソングをバックにしての最終決戦……「燃え」と「泣き」の両者が上手い具合に溶け合った良作だった。

前作の様にな「ぶち殺し」ぶりに欠けるのがアレで、ザコ兵とのバトルや一周目が難しかったが、二周目以降は安定して楽しめた。

好きなキャラクターは「ヤハ」と「ハンチ」。
こいつらはまず設定からして凄すぎる。

<ハンチ>

神水の直轄区連隊長。
守護者。ケルピーと契約している。
幼少の頃は「太陽の微笑み」と呼ばれるほどの愛らしい女の子だった。
当然誰からも可愛がられ、その恩恵を当然と考えていた。
ある日、友人らと湖に出かけて船遊びを楽しんでいたところ、
嵐が襲い死と隣り合わせになる。この際、ケルピーに契約を迫られた。
契約を受け入れた彼女を待っていたのは、今までとまったく違う日々。
代償に「魅力」を支払ってしまった彼女に近づく人間は誰もいなくなった。
おのずと性格も卑屈になっていき、ますます嫌われる要素を蓄えていく。
契約者であることを買われて入団した封印騎士団でも、彼女をかまう者はいなかった。
見え透いたおべっかを使ったところで誰も相手にしてくれない。
唯一、“道具”を探していたジスモアが声をかけてやる。
以後、ハンチはジスモアに捨てられないよう必死である。
オロー暗殺の片棒も喜んで担いだ。
新封印制度により連隊長となっても、彼女の誰にでも媚びへつらう態度は変わらない。
嫌われ具合も変わらない。同じ連隊長で、男でありながら妖しい魅力をぞんぶんにふるうヤハには嫉妬に似た感情を覚えている。

契約モンスター:ケルピー 紋章の位置:両乳房 契約の代償:魅力を失う


<ヤハ>

宝光の直轄区連隊長。守護者。
ノームと契約している。孤児として育つ。
男性ながら女性と見間違うほどの美しさを幼少時から誇った。
口を開かずとも、瞳の妖しい輝きだけで幾千もの言葉を語ることができるのだ。
その美貌は生きぬく道具として、計画的に使われる。
男女問わずあらゆる者を虜にして、自分の体と引き換えに地位や加護を得て、
孤児院暮らしから脱出。よりよい生活レベルを求めて封印騎士団に入団した。
騎士団内での順調な出世は、剣の腕以上に「体」のおかげである。
名だたる要職についている者で、彼と関係を持っていない者はオローと神官長のセエレくらい。
ヴェルドレとも関係があったと噂されている
陰では色情狂というレッテルが貼られた。
ある日、宝光発掘の現場に立ち会った際、巨大な宝石を発見する。
その妖しいまでの美しさに生まれて初めて嫉妬を覚え、破壊しようとした時、 宝石からノームが現れ、契約を懇願する。
ヤハは契約者になるとさらに重要なポストにつけることを知っていたので、 この申し出を迷いなく受け入れた。
結果、彼の美貌はますます磨かれ、人間達の理性を失わせるにたやすくなる。
しかし、肝心の体は「快感」を受け付けなくなってしまった。契約の代償である。
後悔するも時すでに遅し。理性を失った人間たちに群がられ、
恐怖と苦痛以外の何者でもない性行為を強要される毎日を生きている。

契約モンスター:ノーム 紋章の位置:陰茎 契約の代償:快感を失う


ヴェルドレっていうのは、前作に出てきた老僧。
石化したドラゴンと契約を結ぶも、代償に髪の毛を失ったハゲ。
「2」の物語中では90歳ですでに故人なのだが、封印騎士団が出来たのが前作の2~3年後の後の話だから、88~89でもまだアレコレ現役だったのかオッサン……。

ヤハはマジで綺麗で、正直我も萌えた。
ハンチは声がフィン・テンニエスであり、それに気が付いた時から萌え萌え。
もう主人公とかドラゴンとかどうでもいい。
カイムとアンヘル(前作の主人公とドラゴン)の種族を超えた愛やら、ドラグソ2は色々中身がグチャドロで、これから出るであろう小説版などが今から楽しみである。

ユーリック(お兄ちゃん)の声がギャラリーフェイクの藤田だったり、ジスモア団長が碇ゲンドウだったり、オヤヂ・お姉さま好きにはたまらない内容だった。
[PR]
by angelmoe | 2005-07-20 23:43 | ゲーム